スーパー

今日も、イギリスのスーパーネタ。

 

海外のスーパーで買い物をした事のある方はご存じと思います。

 

日本とイギリスのスーパーの違い。

日本のスーパー・・・レジでお店の人がバーコードを通して、支払い済みのカゴへ。お会計後、別の台まで運んで袋に詰める。

イギリスのスーパー・・・レジ台に買う物を自分で乗せる。この台は回転式、そして小さなバーを置いて、前後のお客さん

との境目をつける。バーコードに通した終わった商品から次々を自分で袋または持参バックに詰めていく。そしてお会計。

この点、イギリスのスーパーの方が合理的だと思います。

 

※イギリスのスーパーのトローリーは重い。買い物が少ない人用のバスケットでさえ重い!何故こんなに重く作るんだろう?

と思います。

※イギリスのスーパーでは、、、レジでスタッフとお客さんがお喋りをする事も多々あり。でも他のお客さんがクレームをつける

事はありません。待っている側としては、早くしてほしいけど、これはこれでいいのかな?日本は事務的過ぎるところもあるしですね。